徳島の自家焙煎コーヒー/珈琲豆販売 | カフェケストナー


CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
自家焙煎カフェケストナー
PROFILE
<< コーヒーはブラックで飲む方がいいのですか? | main | 炭焼きコーヒーって美味しいの? >>
コーヒーとミルク
「どうしてコーヒーに砂糖やクリームを入れて飲むようになったのか?」

--これには歴史的な経緯があります。

アラブ諸国やコーヒー主要産地である中南米諸国は気候も厳しく、労働時には喉が渇きます。

その渇きを癒す、あるいは渇きを防ぐのに砂糖の使用は大変有効です。

ブラックコーヒーには、喉を潤すというより、油を洗い流すような効果があるように思います。
食後にコーヒーを飲むのはこのためです。


長時間の会話をするときなどは、砂糖やミルクを入れたコーヒーは、喉に幕を作って保護してくれます。

また、中南米では砂糖は比較的安価で、すぐにエネルギーになるので、食生活全般に多用されています。

それでコーヒーにも

 「砂糖にコーヒーを入れたような」

と言われるほど大量な砂糖を加えて飲んでいるようです。


クリームに着いても、普段ミルクを引用する中央アジアやヨーロッパ諸国では、濃度のある苦めのコーヒーにミルクやクリームを加えるようになったことは、自然の成り行きだったのでしょう。

| 珈琲雑学いろいろ |

 

正しい珈琲、良い珈琲
自宅で楽しむ本格珈琲
コーヒー豆の通信販売
FAX注文用紙
店舗のご案内
マスター雑記
お問合せ
トップページ