徳島の自家焙煎コーヒー/珈琲豆販売 | カフェケストナー


CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
自家焙煎カフェケストナー
PROFILE
<< どうしてコーヒーに砂糖やクリームを入れて飲むようになったのか? | main | 眠れないコーヒー >>
コーヒーとアーティスト
「炭焼きコーヒーって美味しいの?」

炭で煎ったコーヒーが相変わらずの人気ですが、よく訊くご質問です。

七輪でサンマを焼いたり、うなぎを蒲焼きにしたりするときは、それはなんと言っても炭焼きが一番でしょうが、コーヒーの場合はどうでしょうか?

炭火焙煎珈琲を売り物にした喫茶店がありました。

ガスの直火式焙煎機に少し改良がしてあって、ガズバーナーのあるロストルという部分が差し替えれるようになっていて、炭で煎るときは炭のロストルを差し込むのがだ、その時間はわずかで、すぐにガスバーナーに差し替えていました。


「少しでも炭の香りが移ればいいんです」とか。


ところが、焙煎中は「励起」といって高温に熱せられた気体中の成分や香りが豆にうつることは絶対にありません。

どうあっても、炭の香りをつけたければ、炭の粉をまぶすしかないのです。



炭で焙煎したコーヒーは美味しいといわれますが、
それはたまたま良質な生豆が使われ、煎りたての新鮮な豆だったからにすぎないのです。


それでも、カロリーが高くガスのように水分を含まない炭火の利用価値は高いです。
火力コントロールが自在にできれば、恰好の熱源であるのですが。


光熱費を抑えるため、豆の焙煎の時間を短縮し、
芯残りしてえぐいコーヒーを、豆に火を遠赤外線効果で通す理由で炭焼きを使用するお店もありません。

それでは美味しいというコーヒーには到達できません。

| 珈琲雑学いろいろ |

 

正しい珈琲、良い珈琲
自宅で楽しむ本格珈琲
コーヒー豆の通信販売
FAX注文用紙
店舗のご案内
マスター雑記
お問合せ
トップページ