徳島の自家焙煎コーヒー/珈琲豆販売 | カフェケストナー


CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
自家焙煎カフェケストナー
PROFILE
<< 炭焼きコーヒーって美味しいの? | main | カフェからみる、街づくり〜おばちゃんマダムを育てよう! >>
焙煎した豆を再度ハンドピックします
アメリカ人には比較的デカフェ(カフェイン抜きコーヒー)愛飲者が多いようです。

カフェイン抜きのコーヒーなんて、ホップの効かないビールみたいでなんとも味気がない感じがしますが、カフェインによる生理作用(不眠や心臓や胃腸への影響)を気にする人には恰好の飲み物かもしれませんね。


カフェインレスコーヒーは生の豆を収穫したのちに、水の中に丸1日浸けておくとカフェインが抜けていくのだそうです。

そえを乾燥して、普通の通りの工程を通すのです。


カフェインは焙煎された豆で平均13%、
抽出液で0.04%程度含まれています。



---■緑茶とコーヒー、どっちがカフェインが多い?

緑茶とコーヒーを比べると、コーヒーのカフェイン含有量の方がはるかに多いように思えますが、実際は逆で、緑茶の方がカフェインを多く含んでいるのです。

しかし、タンニンとの関係で、いわゆる「カフェイン効果」はコーヒーの方が高いのだそうです。



カフェケストナーの焙煎度合いには、
浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎りと大きく4段階に別れています。


ならば、浅煎りのアメリカンコーヒーと深煎りのエスプレッソ、どちらが眠気覚ましに効くと思いますか?

意外や意外!
浅煎りのコーヒーの方で、深煎りのどろりとした苦味の強いコーヒーはかえってカフェインが少ないのです。



--■浅煎りのコーヒーよりもっと覚醒効果の高いコーヒーがある!?

浅煎りのコーヒーよりもっと覚醒効果の高いコーヒー

・・・それは、古くなって酸敗したコーヒーです。

一口でてきめんに胃がもたれ、眠れなくなってしまいます。
こればかりは大きな声では薦められません。


欧米、中米諸国では、古くなったコーヒーは飲料に使わず、下剤とか浣腸に使います。

不純物や欠点豆のは言ったコーヒーで作られたものは、粘膜を通じて吸収されますので、それも品質の良いものでないと、と思います。
| 珈琲雑学いろいろ |

 

正しい珈琲、良い珈琲
自宅で楽しむ本格珈琲
コーヒー豆の通信販売
FAX注文用紙
店舗のご案内
マスター雑記
お問合せ
トップページ